IHW-S1460G(B)のレビュー・口コミ

IHクッキングヒーターにしたけれど、光熱費は安くならないの?

IHクッキングヒーターにしたけれど、光熱費は安くならないの?

 IHクッキングヒーターって元を取れるまでに何年かかるの? そもそも安くなるの? という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
 ここでは、IHクッキングヒーターとガスコンロのランニングコストを考えてみました。

 

参考となる数値・1時間あたり25.61円

 光熱費は

の商品ページに記載がありましたので、引用させていただきます。

1時間使用の電気代

 IHクッキングヒーター25.61円
1時間使用のガス代(都市ガス)
 大バーナー 70〜80円(IHクッキングヒーターの2.73〜3.12倍)
 小バーナー 40〜50円(IHクッキングヒーターの1.56〜1.95倍)

 

 また、同じランクの商品と思われる

にも、電気代の記載があります。

20℃の水1リットルを90℃にする場合

IHクッキングヒーター 約2.2円
都市ガス 約2.7円(IHクッキングヒーターの1.23倍)
プロパンガス 約4.8円(IHクッキングヒーターの2.18倍)

 

 両者の値に差があるのは、単に実験内容が異なるためと思われます。また、EIH1470-Bの方は、おそらくではありますが、都市ガスやプロパンガスは基本料金を含めた値段で計算しています(LPガス665円は、基準580円より高いため)。

参考一般社団法人プロパンガス消費者協会

 

1日に1時間半使用すると仮定する

 1日に1時間半使用を30日すると仮定すると、IHW-S1460G(B)とEIH1470-Bの数値を用いて計算すると、
IHクッキングヒーター 25.61円×1.5時間×30日=1,152円
都市ガス 1,152円×1.23円=1,417円
プロパンガス 1,152円×2.18倍=2,511円
 となり、都市ガスで約250円、プロパンガスに至っては約1,400円もお得という計算になります。

 

実際には「基本料金」も頭に入れておくべき

 実際には「基本料金」も考慮する必要があります
 賃貸の方はキッチンだけIHにしても、お風呂はガスのままだと思います。
 都市ガスの基本料金は745.2円(東京ガスより)、プロパンは1,700円(一般社団法人プロパンガス消費者協会より)になります。この分は節約できない金額です。
「IHクッキングヒーターにしたけれど、思ったよりガス代は安くならなかった」という場合は、こういう事情も考えられます。この分まで節約するには、オール電化にするしかありません。


IHW-1460G(B)を購入する

Amazon 楽天市場